2014年03月05日

アマデウスのゴールデン・ビューティー

グルメブログではありませんが、美食ネタが続きます。
週末ウェスティンのアマデウスに行きました。

休みの日でゴロゴロしていたので、
出かけたのは夕方前と遅くなってしまい、
こちらはカフェタイムのメニューになっていました。

アマデウスおすすめの特別メニューは、
パン生地を竹炭、ほうれん草、パンプキンで出来た3色のパンケーキで、
その名もゴールデン・ビューティ パンケーキ。

パンケーキブームとはいえ、こんな企画をするとは…と呆れつつも、
見た目のカラフルで楽しさと、ネーミングセンスにウケて、オーダーしてしまいました。

image-20140305205305.png

上質な生クリームがたっぷり添えられており、
1枚、1枚の味がほんのりと違う。

フルーツもしっかりと味がありました。

町のパンケーキ屋さんとは違って、
繊細で上質な味わい。

それに加えて、この全面ガラス貼りの窓辺からは、
夕方の木漏れ日と、庭園を眺めているだけで心地良く、
コーヒーおかわり自由なのを良い事に、
ディナーのライトアップ直前まで居座ってしまいました。


早起きできるなら、
いつかここで朝食を摂りたいですね。
posted by nyaoko at 21:09 | Restrant + Cafe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魅惑のババを求めて。

久々にブノワに行ってきました。

ブリーゼブリーゼの創業当時5年前は、
予約が取りにくいお店でしたが、
今回は平日のためか予約なしでOKでした。

前菜は冬野菜のココット、メインは真鯛のポワレ、デザートはババ・オ・ラムをセレクト。

久しぶりに外食で感動しました。

素材を活かしたマトモな料理、
押し付けがましくないサービスが好ましいです。

この店でババ・オ・ラムを食べてからというもの、
パリのババ発祥の店や、ロイヤルモンソー
京都のオ・タン・ペルデュなどで食べ比べしましたが、
やはりブノワのババは洗練されています。
さすがデュカス様です。

本家サイトより引用
「スポンジ生地のババに
アルマニャック地方で醸造されるブランデーをたっぷりかけて、
バニラビーンズたっぷりのクリームといっしょにお召し上がりいただく
当店自慢のデザートです♪♪」


ルイ・キャーンズでは門前払いくらったけど、また行っても良いと思います。

ババは定番のデザートなので、
お酒が大丈夫な方はぜひオーダーしてみて下さい。
posted by nyaoko at 01:22 | Restrant + Cafe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。