2009年09月01日

スタジオで練習♪

ショパンのワルツとポロネーズ、
もう本番が目の前に迫っているのですが、
(なんと今週のにちようび)
今日はスタジオの生ピアノで練習しました。

生ピで弾くことによって、
打鍵のバランスや、ペダルなど、
調整しておくと、すこし安心できます。いい気分(温泉)

いきなり本番当日に生ピアノを弾くと、
鍵盤の底までが、
とてつもなく遠おーく感じるのです。
ええーっ、もっと底ー?と、
鍵盤の底のアタリを探っているようでは、
おちおち曲も弾いていられませんよね。失恋

ワルツはおされな感じで弾きたいので、
軽快なテンポを重視したいですが、
キレよく進みたいので、
あまりペダル踏まずに行きたいです。
とくに2,3拍目はノンペダルもよいかも。目

ということで、
スタジオではペダルの踏み方を実験したり。
全体の流れを確認したり・・・

左手のリズムは進行を司るので、
浅い、深い、ペダルの踏み方次第で、
ずいぶんと気分が変わります。バースデー



posted by nyaoko at 16:29 | Comment(0) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。