2010年01月10日

ハプスブルグの宝剣

京の師走の年中行事、南座の顔見世興行。
華やかな歌舞伎を年の瀬にいそいそと見物するもよし。
しかしながら今年は興味ある演目がなかったので、
年が明けてから、タカラヅカへ・・・。

演目は「ハプスブルグの宝剣」、そしてレビューは「ボレロ」。

100105.jpg

男装の麗人たちによるボレロ。
モーリス・ラヴェルの作曲したバレエ音楽をアレンジしたもの。
変奏ごとにステージは賑やかさを増して、
ゴールドの衣装に身を包んでステージはキラキラに。

10104.jpg

しかし、なんといってもレビューの醍醐味は、
ふわふわ揺れる羽飾りと大階段!!

ステージのうしろに大きな階段が出てくると、もうレビューも終わりなんだなぁ〜、と寂しくなりますが、
華やかなスターが並んだステージはまさに夢のタカラヅカ。
ファンタジー極まるの幕切れです・・・♪

posted by nyaoko at 00:00 | Comment(0) | Art & Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。