2014年03月30日

カン太ママとお別れ

6時半に起きて津山へ。カン太ママのお別れに行ってきました。

津山はくもり、時々、雨で、サクラが咲きかけていました。
会場にはカンタママの名前が書いてあり、信じられない気持ち。

金曜日の夜、カン太ママの悲報を知らせるメールが届いた時からずっとそう。
今でもどこかで笑っていそうな気がする。

2年前の夏に入院したと聞いてから、心配してきたけど、先月、クレド岡山で開催された個展「Life with Cat」で会ったときは、元気そうだったし、まさか1ヶ月後に亡くなるとは。。

そのときの写真展「Life with Cat」ではたくさんの来場者で大盛況の上、カン太ママは家族から愛されて、守られて、幸せそうな姿を見せてくれて、安心させてくれた。

久しぶりの再会で、3度もの手術を乗り越えたカン太ママに、何を話しかけて良いのかと動揺した私も勇気づけられた。でも本当に最後の力を振りしぼって、みんなに見せてくれた笑顔だったんだね。

つらい治療からやっと解放されて、天国でお父さんや、キャットばあちゃんや、ニャンタンたちと一緒にいられるのは、カンタママにはやっと訪れた安らかな眠りだったのかな。

お別れとなってしまった葬儀では、遺影をみても亡くなったとは信じられなかったけど、棺の中のカン太ママは愛用のシャネルのチークをして、おしゃれをして、いつもより美人に見えるぐらい血色が良いのに、頬を触ったら、やわらかくて、冷たくて。

もう動かないママを前にしたら、よく頑張ったね、ゆっくり休んでね、としか言いようがなく、ただ悲しいし、悔しい。

死を目の前にして、みんなへ伝えたかった思いや、最後にどう感じていたのかは、会場に飾ってあった愛用の品物や、作品、エンディングノートをみて、少しだけ分かった気がした。

展示からご家族からの愛情が伝わって来て、みんなに愛される中、旅立ちを見送ることが出来たのも、せめての救いになった。体の状態も悪いし、精神的にも大変な状態のはずなのに、そうした気配りが出来るのは、やっぱりカンタママだなぁと思う。

これから先、天国へ行ってから分かることもいっぱいあると思うけど、二人で一緒に過ごした時間、私が知っているカン太ママがいる限りは、私の中で永遠にずーっと一緒だもんね。そうやって信じて、今はとにかく悲しみを乗り越えるしかない。

またいつか生まれ変わってランチして、つもる話しをしたい。

ai.jpg

■ロシアンブルーカン様の食卓
http://ameblo.jp/kankantikitiki

■写真展「Life with Cat」がカン太ママの故郷で再び開催されます。
奈義町文化センターにて4/22-5/2まで


posted by nyaoko at 23:33 | Comment(0) | Travel + Leisure | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。