2014年03月30日

カン太ママとお別れ

6時半に起きて津山へ。カン太ママのお別れに行ってきました。

津山はくもり、時々、雨で、サクラが咲きかけていました。
会場にはカンタママの名前が書いてあり、信じられない気持ち。

金曜日の夜、カン太ママの悲報を知らせるメールが届いた時からずっとそう。
今でもどこかで笑っていそうな気がする。

2年前の夏に入院したと聞いてから、心配してきたけど、先月、クレド岡山で開催された個展「Life with Cat」で会ったときは、元気そうだったし、まさか1ヶ月後に亡くなるとは。。

そのときの写真展「Life with Cat」ではたくさんの来場者で大盛況の上、カン太ママは家族から愛されて、守られて、幸せそうな姿を見せてくれて、安心させてくれた。

久しぶりの再会で、3度もの手術を乗り越えたカン太ママに、何を話しかけて良いのかと動揺した私も勇気づけられた。でも本当に最後の力を振りしぼって、みんなに見せてくれた笑顔だったんだね。

つらい治療からやっと解放されて、天国でお父さんや、キャットばあちゃんや、ニャンタンたちと一緒にいられるのは、カンタママにはやっと訪れた安らかな眠りだったのかな。

お別れとなってしまった葬儀では、遺影をみても亡くなったとは信じられなかったけど、棺の中のカン太ママは愛用のシャネルのチークをして、おしゃれをして、いつもより美人に見えるぐらい血色が良いのに、頬を触ったら、やわらかくて、冷たくて。

もう動かないママを前にしたら、よく頑張ったね、ゆっくり休んでね、としか言いようがなく、ただ悲しいし、悔しい。

死を目の前にして、みんなへ伝えたかった思いや、最後にどう感じていたのかは、会場に飾ってあった愛用の品物や、作品、エンディングノートをみて、少しだけ分かった気がした。

展示からご家族からの愛情が伝わって来て、みんなに愛される中、旅立ちを見送ることが出来たのも、せめての救いになった。体の状態も悪いし、精神的にも大変な状態のはずなのに、そうした気配りが出来るのは、やっぱりカンタママだなぁと思う。

これから先、天国へ行ってから分かることもいっぱいあると思うけど、二人で一緒に過ごした時間、私が知っているカン太ママがいる限りは、私の中で永遠にずーっと一緒だもんね。そうやって信じて、今はとにかく悲しみを乗り越えるしかない。

またいつか生まれ変わってランチして、つもる話しをしたい。

ai.jpg

■ロシアンブルーカン様の食卓
http://ameblo.jp/kankantikitiki

■写真展「Life with Cat」がカン太ママの故郷で再び開催されます。
奈義町文化センターにて4/22-5/2まで


posted by nyaoko at 23:33 | Comment(0) | Travel + Leisure | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

今年もいろいろ

たーくさん色々なことがあった一年ですが、
お世話になったみなさま、
どうもありがとうございました!

_MG_28222.jpg

年賀状も書き終わって・・・

大晦日は長野で迎えます。
久しぶりに待望のスキーをしてきます。
といっても、ぜんぜん滑れませんが。
(ずーっと直滑降かも!?)

そして、そのまま実家に帰省して、新年を迎えてきます。
皆様も良いお年を〜。
posted by nyaoko at 17:01 | Comment(8) | Travel + Leisure | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

北海道旅行記

すこし前に北海道へ行ってきました。
京都は暑くてたまらないけど、
あちらは涼しくて、涼しくて、うれしさのあまり、
まいにち歩き回っていました。

100804.jpg

今回、訪れたのは札幌と富良野です。
馬好きの聖地ともいえるノーザンホースパークでは、
曵き馬に乗ることもできました。

_MG_1714.jpg

地上の楽園は馬の上にあり・・・


とはいえ、今、旅先で思い出すのは食べ物のことばかりです。
なかでも感動したのが、サッポロラーメンとお寿司。
そして念願の白い恋人づくりも実現しました。

石屋製菓の白い恋人パークで、
オリジナル「白い恋人」を作ることができます。

_MG_1975.jpg

これはおみやげに最高!


大きいハート形の白い恋人を生地から作れます。
仕上げにはホワイトチョコレートで上に絵を描いてデコレーションも黒ハート

100805.jpg

というわけで、涼しい夏を堪能した3泊4日の旅でした。
ラヴェンダーの見頃ということでしたが、いろんな色の花が咲いていました。

posted by nyaoko at 00:00 | Comment(2) | Travel + Leisure | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

富山紀行

ついに富山へ行ってきました。車(RV)
習っている書道教室の本拠地が富山にあります。
いつか行ってみたい、とは思うものの、なかなか行けなくて。

以前も京都で一緒に書道を習っている、
書道ガールズの皆さんと旅の計画があったのですが、
それもニャンタンとのお別れがあったすぐ後で、
悲しくて行ける状態じゃなくて・・・(;;

今回はオフィシャルの用事もあり、ついに富山への旅が実現しました。

01.jpg

山あり、海ありの、美しい富山のまちは、
心を落ち着けて書道するのにふさわしい土地柄のようで。
もちろん教室にも参加させて頂きました。


遠い地で書道してみて分かったこと。

日頃、もっとも身近な環境に書道教室があるにもかかわらず、
ちっとも活かしてなかったなー、と反省。_| ̄|○

そう、今まで、ずっと書の世界に没頭するのが憧れだったのに、
せっかく機会に恵まれた今、全然、出来ていない現実・・・。
これからはもっと書道のじかんを大切にしなければ黒ハート
はるばる富山まで来て悟った次第です。


posted by nyaoko at 14:50 | Comment(0) | Travel + Leisure | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

bon voyage!

ちょっと前ですが、
またまた飛鳥Uに乗ってきました。

100321.jpg

私たちの今回の乗船はクルーズではなく、
停泊中の飛鳥への一時乗船ですが、
いつか長期クルーズで社交ダンスをマスターする♪
という新たな夢を胸に下船し、美味しい神戸牛をいただきました。

100322.jpg

神戸港にする飛鳥U。
うしろは神戸オリエンタルホテル。

明日から飛鳥Uは世界一周のクルーズに出ます・・・船




posted by nyaoko at 21:49 | Comment(0) | Travel + Leisure | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

わんにゃん文明

ギリシャ文明「美の源流を訪ねる」という、
まじめなテーマをかかげた旅でしたが、
まいにち、、、
ネコちゃん、ワンちゃんを追いかけていました。
(ギリシャ&エーゲ海といえば、猫の楽園です。)

100304.jpg

フィラの町でも、エーゲ海の崖っぷちでも、
アクロポリスの丘でも、アテネの町中でも。
ずーっと、ずーっと、ワンニャン。

100303.jpg

彼らの一匹、一匹が、思い出と一緒に心にのこり、
帰ったら、寂しくなるほど。

ストやデモや文明もなんのその、
犬とネコと一緒に旅をした、そんな気分です。

100305.jpg



posted by nyaoko at 12:03 | Comment(2) | Travel + Leisure | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

無事に

ギリシャより戻ってまいりました。
天気にも恵まれ、エーゲ海の眺めを堪能してきました。

IMG_1918.jpg

神話の世界、哲学や、ギリシャ美術など、
西洋文明のいしずえを見たくて訪れたギリシャですが、
まさかデモ行進のまっただなかを突っ切って、
パルテノン神殿を眺めるとは思ってもいませんでした。

ストにもかかわらず、飛行機にもスムーズに乗れたのはラッキーだったかも。
落ち着いたら、すこし旅行記をアップできればと思います。かわいい


posted by nyaoko at 18:19 | Comment(6) | Travel + Leisure | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

六條院「春の御殿」の巻

光源氏のおうちを再現した「風俗博物館」を訪ねました。

昨年の暮れに明石〜源氏の恋の道を訪ねましたが、
にゃおろぐ源氏ものがたり紀行 第三弾は、
六條院「春の御殿」の巻です。

100125.jpg

本願寺御用の店が連なる堀川の新花屋町のロケーションにあり、
法衣職人さんによる装束の仕上がりがみごとでした。

光源氏がつくった大邸宅を、
寝殿づくりの外側から、ぐるーっと一周まわってみられます。
まるで箱庭をのぞいているみたい・・・

100127.jpg

いくら平安時代に思いを馳せても、
イメージがむずかしい源氏の君の暮らしぶり・・・

彼らが夢見た住まいとは、どんなお家だったのかな?
どんな暮らしをしていたのかな?

古すぎて、史跡もほとんど残っていないので、
いままで歯がゆい思いでいました。

そんな源氏の住まいが(庭園まで!)4分の1のミニチュアでも、
装束のテキスタイルデザイン、調度品など、
立体的に見れるのはうれしいです。

100126.jpg

今も京都では、平安のデザインは生きていて、
模様やネーミングや色合いなど、思わぬところで出会ったりする。
身近なところで源氏の世界を見つけるとうれしくなる。

はんなりしすぎていて、気付けなかったり、
ボーッとしてで気付けないこともいっぱいありそうです。
もっと気付けたらいいのに・・・って思います。



にゃおろぐ源氏紀行

明石の巻
http://nyao-log.seesaa.net/article/136237138.html
須磨の巻
http://nyao-log.seesaa.net/article/104993514.html


posted by nyaoko at 20:56 | Comment(0) | Travel + Leisure | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

しんしんと降り積もる

書道教室の合宿で、
白川郷へ行ってきました。

雪の北陸は初めて・・・

20101001.jpg

北陸に入ったとたん、
山の景色もどんどん白くなります。

車が通れるのかと心配になるほど。
雪のなかに現れた合掌造りの家。

091212.jpg

囲炉裏を囲んで、
書はどこへやら、飲んだり、食べたり。

091213.jpg

書ひとすじの手が、
囲炉裏の空をひらひらと舞っていました。

posted by nyaoko at 22:11 | Comment(2) | Travel + Leisure | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

源氏の恋の道

源氏物語の史跡を訪ねる旅として、
昨年は「須磨」へ行きましたが、
運良く「明石」に訪れる機会もやってきました。

CIMG1933.JPG

荒れ狂う海を恐れながら、
悲しい運命を優雅に受け入れる
須磨・明石の巻ですが、、、

今はそんなドラマが想像しにくい、
穏やかな港町です。

源氏が明石の館へ夜這いしたとされる
【恋の道】も残されています。ムード

恋の道っていうだけで、色っぽい。

CIMG1935.JPG
この先になにかある!?と
匂わせておいて・・・
CIMG1936.JPG
細いカーブの先は、こんなかんじ。


明石入道の「浜の館」 があったとされる
善楽寺にお参りして帰りました。


・:*:・°★,。・:*:・°☆


駅前の商店街には獲れたての
タコ・タコ・魚・タコ。

CIMG1943.JPG

明石の入道は、タコ入道のイメージ。

せっかくなので、
明石焼をいただいて帰りました。いい気分(温泉)

posted by nyaoko at 00:29 | Comment(0) | Travel + Leisure | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

クリスマス・クルージング

飛鳥の瀬戸内海クルーズへ行ってきました。

この船には、特別な思い入れがあります。
というのも、、、、

さいごに祖父と一緒に行った旅行が、
この飛鳥の旅だったのです。

戦争でも海軍だった祖父は、
海や船が大好きでした。

091212.jpg

大切な思い出あふれる船に、
いつかまた乗りたい!と憧れていましたが、
結婚して初めてのクリスマスを飛鳥で
お祝いできるなんて。クリスマス

海に還った祖父からも、
お祝いをしてもらえたよう。

気温も12月にしては暖かく、
昼間は半袖でデッキを歩けました。
瀬戸内海のうつくしい島々もよく見えました。

posted by nyaoko at 23:15 | Comment(0) | Travel + Leisure | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。