2014年04月30日

ラフォルジュルネ

ラ・フォル・ジュルネびわ湖2014 
ルネ・マルタンのル・ク・ド・クール(ハート直撃)!
へ行ってきました。

http://www.biwako-hall.or.jp/2014/02/8690/

園田隆一郎さんの指揮で、
日本センチュリー交響楽団による演奏。

「思わず踊りだしたくなっちゃう華やかな舞曲が勢ぞろい」とのこと。

プログラム前半はノリもイマイチでしたが、
後半のシュトラウスのワルツあたりから、指揮者さんもノリノリになって、
体中で楽しそうに指揮されているのが伝わりました。

知らない曲だとフリーズしていましたが、
知ってる曲だとここぞとばかりに指を動かしたりするアホな聴衆となっていました。

知ってるのは超有名曲ばかりです。
おとなりに座った老夫婦のおばあちゃまも、大体同じ曲でノっていたので安心。ドコモポイント

びわ湖ホールはハードも良いですが、
ロビーの奥は一面ガラス張りで琵琶湖の雄大な景色が眺められ、
眺めが良くて、気持ちの良い会場です。

新緑の季節ならではの鮮やかなグリーンと、
琵琶湖と空の青色に癒されました。大津、いいなぁ〜。

posted by nyaoko at 16:40 | Comment(0) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月05日

やっぱり怪しい?佐村河内守さん。

はじめから何となく違和感を感じていたのですが、
やっぱりな、という感じです。

「平成のベートーベン」と呼ばれた佐村河内さんが、
交響曲「HIROSHIMA」などの代表作は別人が作曲されたことが、
代理人の弁護士により明るみに出ましたね。

あやしげな佐村河内守

ゴーストライターは桐朋学園大学作曲専攻の新垣隆さん。

音楽雑誌ではじめて佐村河内さんの容姿を見た瞬間に、
あまりの怪しい雰囲気に度肝を抜かれました。

モノクロームのサングラス写真。今どきあり得ないヘアスタイルに、
すっかりファンになってしまいました。

広島出身で、聴覚が失われて、代表曲が「HIROSHIMA」ですから話題性もあり、
彼のルックスと経歴が相まって、あやしげな魅力を放っていました。

気がつくとレコード店でポスターを見つけたり、
町中で演奏会のフライヤーを見つけたり、
とにかく名前もルックスもインパクトがあるので、気になる存在でした。

そんなある日、
半生が書かれた本「交響曲第一番 闇の中の小さな光」を見つけたので、
さっそく買って帰り、一気に読み上げました。



そこには両耳の聴力を失うという作曲家としての悲劇や、
運命的な盲目の少女との出会い、家の中でもサングラスで生活をするなど、
普通ではあり得ない生き方が書かれていました。

なんともNHK の好きそうな美しいストーリーで、
ゴーストライターさんの苦悩が脳裏に浮かんでしまいましたよ。

うさん臭い印象はとうとう抜けきれず、、、
今回のニュースを知って、やっぱりなーと感じた次第です。


posted by nyaoko at 12:52 | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

コールユーブンゲン

最近、やっと、自分に音感がないことに気付きました。
理論を知らぬまま、ピアノを弾いているのが、
なんとなく辛く思われる今日この頃です。

恐ろしいもので、ピアノを弾けば正しい音が鳴ってくれるので、
分かったつもりになっていたみたい・・・
知ってる曲でも、楽譜みると「え?こんな音だったの?」と驚いたり、
知らない曲だったら、曲のイメージわきにくかったり。霧
きちんと音感あったら、オケ譜もこわくないはず。

今さらになって、音感は鍛えられたらいいな〜と思って、
とりあえずコールユーブンゲンを、
iphoneに入れてみました♪

コールユーなら、
一度音程から、二度、三度、四度、五度・・・と、
度数ごとに鍛えられるから、音の距離感をつかみやすそう。

ちょっとあやしいけど、
出勤の電車のなかで、モゴモゴと曲をイメージしてみて、
iphoneで音を聴いて、答え合わせをしてみようと思います。カラオケ






posted by nyaoko at 19:32 | Comment(2) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

グループレッスン♪

ピアノの身体技法のグループレッスンを受けてきました。
通常は先生のスタジオでアップライトピアノですが、
今回はベーゼンドルファーのグランドピアノによる豪華版!

いつもデジタルでしか練習できない私にとっては、
生ピアノを触れる貴重な機会。
もちろんアップライトでもうれしいですが、
ベーゼンのグランドともなれば、とても贅沢な幸せです。

先生は鍵盤での動きは大まかに3つに分けられています。
3つの動きとは、
「1、上下運動」「2、横運動」「3、回転」
であるとされ、
とにかく鍵盤楽器演奏の基本となる上下の運動を、
準備運動のあとに、それはもうしつこいぐらいに練習してゆきます。

呼吸からはじまって、脱力して、腕を振り上げて、鍵盤に落とす・・・
(三和音のカデンツで)
この一連の動作が大事なようです。
先生はこれだけに一年もかけて教わったそうです。
単純な動作のようですが、けっこう奥が深くて。いい気分(温泉)

グループレッスンだと、一緒に受けておられる方の弾き方や、
レベルに応じた指導法が見れるのも面白いです。
同じ三和音のカデンツを弾くだけでも、こんなに違うものかと。
自分ではなかなか感覚つかみにくいですけれど・・・
グループレッスンでは先生による何通りもの指導を見ることが出来て、
そのイメージの豊かさや、身体の使い方の的確さに驚いたり、
相手によって違う角度からのアプローチで伝えて、
だんだんと音色が変わってゆく様子も客観的に分かって面白いです。

みなさん、秋の本番も近いので、それぞれ真剣ですし、
上手な方が曲を仕上げていく過程を見られるのも良い刺激になります。

posted by nyaoko at 12:47 | Comment(11) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

まねしてみよう

今、ブラインドタッチと呼吸法を
こっそり練習に取り入れるのがマイブームです。
うちの王子は両方、身に付いてるかんじです。
この2つがうまく呼応していていると、
曲の流れがスムーズで、いかにも上手にみえます。

いちいち鍵盤と楽譜を上、下とみて、えーとなんだっけ、と
音を鳴らしていると(ほんの数秒でも)音や、意識がとぎれるし、
跳躍もはずすし、譜読み苦手だし、早く弾けないし、
そんな私にはブラインドタッチと呼吸法のセットはよいことづくめ。かわいい

ブラインドタッチを習得するには、
おそらく鍵盤に目を落とさずに譜読みをするのが効果的だろうけど、
まずは各音の位置をおぼえていないと出来ません。
スケール、アルペジオでも、目をつぶるとけっこう難しいので、
目をつぶってスケールを弾いています。

呼吸は曲のなかでためしてます。
フレーズと呼吸が合ってると、うたっているように弾けるし、
強弱もすごく自然体にみえます。カラオケ

たぶん身体もつかいやすくなるのでは?

呼吸法はカンタンな曲でためしています。
メロディーによっては、どこで吸って、吐いたらよいのか、など。
難しいときは、あまり意識しないで、
かならず楽節の間でふーっとひと呼吸おいてみる、とかそんな感じで。
ふーっ。しゃーっ。といったりして。
カラダもゆるむし、脱力にも効果的ではないかしら。

先日、イスの座り方をK先生のグループレッスンで教わったけど、
(フーッと吐きながら座って、すーっと吸いながら腕をあげて、フーッと吐きながら打鍵する。)
それの応用編みたいな感じです。

posted by nyaoko at 10:12 | Comment(6) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

練習会でした

一昨日、ピアノサークルの練習会へ行きました。
弾きやすいベーゼンドルファー、
そして女子5人というのが、私にはちょうどいい感じ黒ハート

IMG_9946.jpg

あやしげな「愛の夢」のデビューを果たし、
いろいろ譜読みのマチガイもご指摘いただいて、
皆さまのように、もっと弾けるようになりたい!と思いました。

夜は北新地のアヴェンヌにてO先生のリサイタルも鑑賞し、
ぴあのな刺激をいーっぱい頂いて帰りました。
そう、アヴェンヌで思わぬ仲間たちと会えたのもうれしかったです。
ピアノやっててよかったと思える一日でした。
posted by nyaoko at 12:37 | Comment(2) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

練習会へ

こんどピアノサークルの練習会に参加することになりました。

いつも上手な演奏ばかりで
本番の演奏会にエントリーするのも気がひけてしまいますが、
少人数の練習会なら気軽に参加しやすいです。

せっかく機会をいただいたので、練習しなくては。晴れ

ソロは久しぶりですが、
まずは「愛の夢」をちゃんと弾けるようになりたいので、
練習してこようと思います。

今はごまかし、ごまかし、しか弾けないけど、
きれいな曲だし、いろんな技巧が出てきて面白い曲です。
新大阪のベーゼンドルファーでみなさんに聴いててもらって、
もっと上手に弾けるようになれたら嬉しいですバー

posted by nyaoko at 18:56 | Comment(0) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

浴衣でアヴェンヌ♪

週末はアヴェンヌお客様出演日へ行ってきました。
お友達ご夫妻と浴衣です♪

フォーレの「ドリーの庭」を連弾しました。
きらめきホール演奏会以来、練習してなかったので、
あらい演奏になってしまいましたが、
みなさん和気あいあいとして楽しかったデス。
本番なんていうと、ついつい緊張してしまいますが、
気軽に演奏できる雰囲気がGOODでした〜

`☆、。・:*:`☆、。・:*:`☆、。・:*:

浴衣は一年ぶりに着付けしましたが、
昨年と同じミスをしてしまって。(*^^*)
帰りの電車の中で気付きましたが、左右の合わせが反対ではありませんかあせあせ(飛び散る汗)

YOUTUBEを観ながら着付けをしたので、
全身ミラーのとなりにノートパソコンを置いて、
PC画面の通りに着たので、左右非対称になってしまったのかも。

リベンジの機会があるといいけど・・・

「着付けが上手になったら、帯を買う☆」
というささやかな夢も、またまた延びてしまいそうです。

posted by nyaoko at 23:27 | Comment(0) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

ドリーの庭

日曜日にきらめきホール市民演奏会で、
連弾してきました。

♪曲はフォーレの「ドリーの庭」

本番前にベーゼンドルファーの大阪ショールームにて、
1時間ほどリハーサルをしました。



ラストの練習の様子です ↑

私はプリモを弾かせてもらっていますが、
セカンドの安定したフォローのおかげで、
どうにか演奏可能なレベルになってるような状態です。

本番でも出だしの拍をカウントしてくれていたのに、
私がスタートに遅れてしまって、
セカンドはフライング状態となり弾き直し・・・。
また、やってしまいましたヨ〜(TッT

なにかと本番でオチのあるので、
「次回はどんなサプライズがあるのやら?」と、
やれやれ一仕事おえたかんじです。



posted by nyaoko at 12:15 | Comment(4) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

アヴェンヌにて

新地アヴェンヌの『フォーマルお客様ご出演日』にて、
バッハ「主よ、人の望みの喜びよ」を連弾してきました。

たとえ私がボーっとしてても、
主人がちゃんと弾いてくれるので、連弾の場合は甘えてしまい、
ほとんど楽譜どおり弾けたためしがないです。雪

IMG_0490.jpg

リラックスして弾けたら、さぞ楽しかろうと思うものの、
やはり、しっかり緊張してしまいますねー。

弾き終わると、えーん、もっと練習したらよかったー、とは思うけど、
でも、まぁ、いっか。

あまり必死にならずとも、いちおう安定していて、
そんな上手くなくても、心に響く演奏で、
本番は楽んで・・・ってゆーのが出来たらいいなぁ。


posted by nyaoko at 00:00 | Comment(4) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

結婚式で♪

披露宴でピアノを弾くことになりました。
会場にピアノがないので、当日、搬入するそうですが、
ふたりで結婚式にピアノが弾きたい!という
夢が叶ってうれしいです。

曲は、

るんるんソロ「愛の夢/リスト」
るんるん連弾「ミッキーマウスマーチ」

にしようと思います。

とはいえ、あと2ヶ月で仕上げるとゆーのは、
けっこうキビシいので、
これから練習をがんばらねば!!

「愛の夢」弾かれた方には、アドバイスいただきたいです。
そして、生ピアノある方は弾かせてください。

ぜひお願いします♪


posted by nyaoko at 11:03 | Comment(6) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

きらめきホールのエントリー

毎年恒例のきらめきホール市民演奏会、
我が家もいばらぎ市民として申し込みのハガキを出していましたが、

先日、リハーサルに行けなかったので、
もうダメかもバッド(下向き矢印)・・・とあきらめかけていたところ、
本番日程案内の葉書が届きました。

きらめきホールは大阪の茨木市の生涯学習センターにあり、
最高グレードのスタインウェイで演奏できます。
本番は7月です。

せっかく連弾での参加、
ふたりで弾きたい曲はクラシックでもたくさんありますが、
たまにはラブリーな曲も弾きたいなーと思ってます。


posted by nyaoko at 00:00 | Comment(4) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

アラベスクもよう

ぐるぐるの「アラベスク」文様は、
植物や動物のモチーフをパターン化した「西洋の唐草もよう」です。

もともとイスラムもようなので、
ブルーモスクには、真っ青な「アラベスク」のタイルがいっぱい。
真っ白な壁にコバルトブルーの緻密なもようが光に反射してキラキラ!
以前、夕暮れどきにみたクアラルンプールのブルーモスクが忘れられません。。

100109.jpg

くるくると周りながら、繰り返されるパターン。
小さいもようが大きな世界へ・・・

ただいま練習中のシューマンの「アラベスク」ですが、
おなじテーマがリズムや曲調を変えて進んでゆくなかで、
「アラベスク」のもようが指先から浮かんでは、消えてゆきます。

01108.jpg

リズムがとりにくく、指も届かなくて、そうカンタンには弾かせてくれないけど、
シューマンにとっての「アラベスク」は、どんなイメージだったのかな?

ショパンと較べたら、存在感の薄いシューマンですが、
今年、ショパンと同じく200才だそうです。

おめでとう、シューマン。素敵な曲を残してくれて、ありがとう。











posted by nyaoko at 05:00 | Comment(10) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

愛の夢

寒い冬になったら、
ピアノを弾くのにも、指先は冷たいけど、
清らかな音楽に心あたたまりますね。雪

今、練習している曲は、
そんな冬にぴったりな曲ばかりです。

朝とか、夜とか、
じかんのある時にデジピで練習しています。

シューマン
「アラベスクOp.18」

ショパン
「別れのポロネーズ 変ト短調」

バッハ
「平均律プレリュード17番 BWV 862 」

こんなカンジで練習してまーすってことで、
練習動画をアップ。映画
楽譜と合ってないとこありますね。
それより、格好やばすぎですから。笑



ポカポカと暖かくなったら、
リストの「愛の夢」
弾きたいなぁー・・・かわいい

憧れの曲が弾けますように。
がんばろう!


posted by nyaoko at 12:25 | Comment(4) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

だめだめな左手に

ツェルニー30番が終わって、
エチュード難民な今日このごろです。

30番のあとは、40番に進むのが普通だけど、
さすがに勇気がいりますね。
全曲、弾かないにしても40曲は多いなー。たらーっ(汗)

右手の古典的な練習ばかりで、
パフォーマンスが良いとも言い難いしー。ふらふら
(いや、スケールが大事なのは分かってますケド。)

ツェルニーでも、
「 左手のための24の練習曲」は良さげでした。
弱い左手には、効果ありそう!
きちんと弾こうとすると難しいですが、
やってみようと思います。手(パー)
posted by nyaoko at 15:47 | Comment(4) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

コツコツと・・・

引っ越してから、
コツコツ続けてきたツェルニー30番が、
ようやく終わりました。

コツコツというより、
ダラダラ・・・ってカンジかな?
夜ごはんを食べ終わったあとに、
ぷはーっと弾いていました。
指示速度を守るのはキビシいけど、
運指とコンセプトはいちおう意識してみました。

自主トレーニングなので、
成果のほどはアヤシいですが、
けっこう自己満足感はあります。わーい(嬉しい顔)

曲も弾きたいけど、
エチュードは楽しいかもexclamation×2

バーナム、ハノン、ツェルニー、、、
トライしたいエチュードは山ほどあるので、
まいにちの日課にしたいです♪
posted by nyaoko at 10:40 | Comment(4) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

やっぱり好きです

こないだ梅田の楽譜屋さんへ行って、
モーツァルトの新しい楽譜を仕入れました。
「モーツァルト名曲集」

ソナタ以外の希少な作品を集めたもので、
モー様ファンにはたまらない逸品かわいい

収録は、
メヌエット、アレグロなどの小品、
アンダンティーノ、ロマンツェ、ドイツ舞曲、
葬送行進曲、ロンド、など。マニア向けもあり。

埋もれた名曲と出会えるのでは?と
ワクワクしていますが、
良い曲もあれば、正直まぁまぁのも・・・

弾けるときに、1曲づつさらっていますが、
やっぱりモー様が好き♪
ひしひしと再確認の日々です。

でも、難しい・・・
posted by nyaoko at 11:09 | Comment(2) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

週末のショパン

週末は北新地のサロン・ドゥ・アヴェンヌで、
ショパンを演奏してきましたるんるん

関西ショパニストの会による、
54曲、オールショパンの豪華なプログラム。
ショパン好きにはたまりません。

IMG_5246.JPG

ピアノはベーゼンドルファー。
サロングランドModel200。

私がエントリーしたのは、
ワルツと、ポロネーズです。
それぞれのジャンルに分かれて演奏しました。

080905.jpg

久しぶりのショパン様にドッキドキ。揺れるハート
直立不動となり、フラットな演奏でしたが、
まあ、最後まで弾けたので、
いいやんってことで。(*^^*)

最後に表彰式があり、
なんと「夫婦で遺作賞」をもらってビックリでした。あせあせ(飛び散る汗)

たまたま二人ともマニアックな遺作を弾き、
同じジャンル(ワルツ&ポロ)でエントリーしたので、
プログラムの順番も前後だったのでーす。(^^;

別に相談したわけじゃなくて、
それしかよう弾かんかったのですけどねー。
アリガトウございます。


しかし皆さん、
ショパンを自分らしく弾いてらして、
ほんとうにうらやましい・・・ぴかぴか(新しい)

私もすこしづつでも成長して、
いろんな名曲と楽しんでいきたいなー。

posted by nyaoko at 16:58 | Comment(10) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

スタジオで練習♪

ショパンのワルツとポロネーズ、
もう本番が目の前に迫っているのですが、
(なんと今週のにちようび)
今日はスタジオの生ピアノで練習しました。

生ピで弾くことによって、
打鍵のバランスや、ペダルなど、
調整しておくと、すこし安心できます。いい気分(温泉)

いきなり本番当日に生ピアノを弾くと、
鍵盤の底までが、
とてつもなく遠おーく感じるのです。
ええーっ、もっと底ー?と、
鍵盤の底のアタリを探っているようでは、
おちおち曲も弾いていられませんよね。失恋

ワルツはおされな感じで弾きたいので、
軽快なテンポを重視したいですが、
キレよく進みたいので、
あまりペダル踏まずに行きたいです。
とくに2,3拍目はノンペダルもよいかも。目

ということで、
スタジオではペダルの踏み方を実験したり。
全体の流れを確認したり・・・

左手のリズムは進行を司るので、
浅い、深い、ペダルの踏み方次第で、
ずいぶんと気分が変わります。バースデー



posted by nyaoko at 16:29 | Comment(0) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

ショパンの練習

久しぶりにショパンを練習しています。
9月6日に本番があるので、
それまでに仕上げていく予定です。いい気分(温泉)

気付いたら、もう2週間もない・・・あせあせ(飛び散る汗)

モーツァルトLOVE黒ハートの間、
すっかりショパンが苦手になってしまったので、
今の実力に見合った、弾きやすい曲を選びました。
弾きやすく、あまりメジャーではない、
旋律の美しいショパンの曲ハートたち(複数ハート)

◎ワルツ19番  BI 150 posth. 
◎ポロネーズト短調 11番 BI1posth. 

演奏の理想をいえばキリがありませんが、
期日までに「仕上げる」必要があるので、
無理な理想は、いさぎよく諦めて、
サヨナラしなければなりません。手(パー)
そして残った骨格を頑丈にしていくことに、
専念してゆきます。ドコモポイント

ずいぶん諦めましたが、それでもずいぶん難しいです。
どうなることやら・・・




posted by nyaoko at 14:00 | Comment(2) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。