2008年01月17日

4ヶ月ぶりに・・・

最近、ぴあのを弾いていて、
新しい感覚が発達してきましたよ。手(パー)

確実ではないので指先や姿勢などに違和感ありまくりの、
変てこな具合ですが、、、がぜんモチベーションもアップ。グッド(上向き矢印)
すくないレパートリーを弾きなおしています。

朝は目覚めと同時に「6度の練習せねば」と思うほどの
けっこうな盛り上がりぶりです。

そんな良い予感と期待が入り乱れつつも、
へんてこなまま来週は4ヶ月ぶりのレッスンです。
レッスンで先生に確認してもらえばちょうどいっかー、と思いまして。

課題は先生の編纂したレパートリー集から。
フォーレの「無言歌」
いつも自由に好きな曲を選んでいますが、
なかでも簡単そうでキレイな曲とゆーことでこれに決定。

初フォーレですわよ。
譜読み遅いのでしんどいけど、3ページの小曲ですの。

今までの曲でさえ辻褄合わず変な具合なのに、
新曲にまで手を出したくない気分だけど、
身体の動きの不調和を指摘してもらいたいので、
曲そのものの完成度低くてもOK・・・なポリシーで気楽に弾いてますのよ。

・:*:・°★,。・:*:・°☆

KICX2815.jpg

我が社ではあちらこちらにモー様が。
只今、モーツァルトフェア開催中です。

怒涛の忙しさの年明けにも、
モー先生が天才の仕事をするのじゃあ、と見守ってくださりました。
BGMはソナタ全集を延々とエンドレスしてます。

はやくソナタに着手したいよー。
posted by nyaoko at 16:41 | Comment(6) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

明けましておめでとうございます

今年のお正月は・・・

大晦日は東山の知恩院のすぐ近くで除夜釜へ。
抹茶とおぜんざいで一服、年越し蕎麦をいただきました。いい気分(温泉)
ほくほく美味しく温まりましたよ〜。軒先の甘酒も美味しかったです。
そのまま知恩院へ行き、鐘を聞きながら元旦を迎え、
親戚と新年の宴のため、年明けて東京へ行きました。

あとはピアノ弾いてダラダラと過ごしています。
今年もがんばりますよ〜。

お世話になります先生方の豪華な顔ぶれ・・・

080101.jpg

今年もモーツァルトがメインになりそう!?
なにかと発見があり、面白く感じるモー先生です。


↓↓ 巨匠のソナタにもチャレンジしたいです。

080102.jpg



ニャンタン先生はもちろん元気です。
糖尿病なんてふきとばすにゃん!!パンチ

080103.jpg


退院してからずっと調子良いです。
体重も増えて、元通りのまんまるちゃんです、、、
(これ以上太らせないように気をつけなくちゃ。)


本日より心新たにお仕事がはじまりま〜す。
皆様も素敵な一年になりますようにるんるんるんるんるんるん

posted by nyaoko at 13:18 | Comment(17) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

2007年を振り返って(ピアノ編)

今年弾いた曲を振り返ってみたいとおもいます。
あくまでも着手したとゆーだけで、品質に保証なしです。台風

バッハ・・・・・
     シンフォニア2番
     シンフォニア4番
   以上2曲     

   たった2曲で限界ですか。。ええ、やっぱり難しいです。ふらふら

モーツァルト・・・・
     幻想曲 ハ短調(kv.475)
     幻想曲 ニ短調(kv.397)
     幻想曲 ハ短調(kv.396)
   以上3曲 
 
   なぜか幻想づくめ。幻想の世界。がく〜(落胆した顔)
     
ショパン・・・・・・
     ノクターン1番  
     ノクターン2番
     ノクターン3番
     ノクターン4番
     エチュード10−3(別れ)
     エチュード10−5(黒鍵)
  以上6曲 

   ノクターンは全曲制覇したいと思って連番で始めたけど、
   4番が難しくて、既にあきらめモード。ふらふら



・・・と、さくらこさんを見習ってピックアップしてみました。


どれも中途半端な仕上がりですが、
今年の年の始めには、曲はさておき、まずは基本!と思って、

基礎をがんばるゾ!って決めて、
「毎日の練習12ヶ月」を朝に弾いたりしていましたが、
毎日なんて無理で、2〜3週間空いて、3日練習して・・・
なんて、ぐうたらな始末でした。

今にして思えば、
それでも効果あったのですよねー。私なりに。

やっぱり基礎はあなどれないわ・・・

というわけで、
基礎練は来年もだらだらと続けようと思います。手(グー)


posted by nyaoko at 10:55 | Comment(11) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

練習会in KBSホールのロビー

京都のKBSホールにて練習会をしました。
私は近所なのでチャリで登場。

ランチは事前にいろいろ調べていただいたにもかかわらず、
運が悪かったのか、どこもお休みでした。
けっきょくお馴染みのおおたやへ・・・
せっかく来て頂いたのに、もっと良いお店にご案内したかったなぁ。ふらふら

KBSホールは御所の南北の真ん中ぐらいにあります。
ホール(ロビー)にあるヤマハのフルコン(かな?)です。
ロビーって何やねん!と思ったけど、
ホール客席手前の通路のことだったのかぁ!
案外良かったです。広いし・・・

071024.jpg

天井も高く、奥行きも京都らしく細長いので、
十分なスペースがあるので響きが良い〜☆

ぽわーんと音に包まれて、眠たくなってしまいます。
あんなに激しい「スケ1」でもボーっとしてしまいました。。:*:・( ̄ー ̄)・:*:
(ピアノフォルテさん演奏。なんでこんな曲、片手間で弾けるのですかあ。。)

練習不足で披露するもの厚かましい状態でしたが、
ショパンは中途半端な黒鍵のエチュード、
一度も成功したことのない「別れの曲」をはじめ、
モーツァルト等弾かせてもらいました。
やっぱりモーァルトはいいなぁ。ちゃんとやろう。

グランドピアノの弾ける会場としては、
最高に気に入りました揺れるハート

今のところ、グランドピアノでの練習(京都)はここが一番です。
posted by nyaoko at 16:03 | Comment(12) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

K.V.475 アダージョ

こないだの練習会ではショパンの別れの曲は
なんとも痛々しいカンジでしたが、
気を取り直して・・・来年にはなんとかします。汗

懲りずにモーツァルトを練習してます。
幻想曲ハ短調のアダージョを撮影してみました。



前のソナタよりはさすがに難しいです。

アダージョ部分は1音1音の存在が重要なので、
もっと立体的に音を掘り起こしたい野心があるのですが・・・

↑このデジピは低い音の響きが鈍いみたいで、
低い音域で重音がガンガン出てくると聞き分けが難しくなります。

ショパンってあまり低い音域で重音がないので、
わりとローランド嬢でも安心して練習できるんですけど、
(ピアノがキレイに鳴ってくれる音域の曲作りがなされている?)

モーツァルトの曲は、低い音域の聞き分けが出来ないと、
びみょうに歯がゆいです。ドコモ提供

ニュアンスはグランドピアノで練習しようと思ってます。

デジピの方、低音の響き具合は如何なものでしょうか?
ストレス感じるのは、うちのローランド嬢が悪いのかな〜・・・





posted by nyaoko at 23:42 | Comment(6) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

ホールで弾きました

はじめてステージの上で弾きました。

市民演奏会の本番を控えてピアノフォルテさんが、
同ホールを貸し切って練習されるのに便乗させていただきました。
ドキドキの初ステージです。るんるん

070831.jpg

こんなに広いホールでした。
わずか8人で貸し切りなんて、夢のような時間でした。

といってもビビりまくりで、
お腹痛くなるし、カーディガンなくすし、
結局、弾けなくなってしまい情けない有様でしたが。ふらふら

やはり今年の発表会は諦めてヨカッタ・・・
わがロシアの王子のことがあって、この夏はピアノ練習に集中できませんでした。
おまけに初ステージの緊張もあると思うし。
ステージデビューで失敗したらショック大きいし、という理由で、
あきらめた弱気なわたし。
(来年こそはチャレンジしてみよう。)

本番を諦めただけに、このホールでの練習会は、
この夏の終わりの楽しみの一大イベントだったのです。

それは素晴らしいスタインウェイでした。
ここのピアノに触れることができ、
申し分のない響きの得られる広いホールでの演奏・・・
ほんのつかの間でも、ピアニスト気分を味わえました。
posted by nyaoko at 13:42 | Comment(18) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

KV545の2楽章

モーソナ録音しました。
蝉の鳴き声も入り、夏の風情満載です!

左はうまく肘、肩、腕、が連動してないもので、
ギクシャクしてますが、何やら左の使い方も掴んできました。
すっごく意識しないと出来ないのですが、><
掴み20%ぐらい実現してる映像です。ひらめき



伝わるかな・・・この曲の素晴らしさ!

さて、このソナタはモーツァルト世界への入口です。
いわば入場券のようなものでして、
いよいよ本格的にモーツァルトの憧れの曲に挑戦します。

幻想曲 kv475!!!
ずーっと大好きだった曲です。(長い方の幻想曲)

ちなみにモーツァルト界は、ショパンワールドの入口です。
バッハやモーツアルト、数々の障害物(失礼?)を乗り越え、
遠くに陽炎のようにゆらめくショパンワールドを、
目を細めて見定めるニャオコさんです。
posted by nyaoko at 11:30 | Comment(6) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

レッスン報告

昨日は2ヶ月ぶりのレッスンでした。

レッスンでは「あの曲が弾けるようになりたい!」というよりも、
あらゆる曲を弾く土台となる技術を身につけたいので、
基礎を中心にみてもらうことにしています。音楽

自分の実力では1つの曲を仕上げる段階はまだ時期早々と思っていて、
ある程度、テクニックへの要求が満たされてから、
存分に好きな曲に没頭したいなー、と思っています。

(せめて「ピアノテクニック12ヶ月」を網羅してから。)
続きを読む
posted by nyaoko at 23:54 | Comment(6) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

神の手

とつぜんですが、
ベートーベンとショパンの手だそうです。

hands01.jpg

どちらがショパンでしょうか?
いわずもがな・・・って感じですが。

私の手はショパンに近いです。うふふ。ぴかぴか(新しい)
(でもこんなに関節が成長していません。)


それはさておき、手が痛くなってしまいました。

hands02.jpg


先生の手をお借りすると・・・こんなところが痛みます。↑

仕事のパソコンのせいか、ピアノのせいか、
たぶん、両方でしょう。

手の痛くなるような弾き方って、
そもそも何か間違っている証拠だったりして。もうやだ〜(悲しい顔)

この痛みは筋肉痛で、ここの筋肉が発達している最中で、
治ったらもっと上手くなるとか?ふらふら


それともただの腱鞘炎かな・・・
posted by nyaoko at 13:37 | Comment(10) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

ディアパソンによる練習会

朝の10時から北大路の楽器店へ。
ピアノフォルテさんと練習会へ行ってきました。るんるん

目玉は「ディアパソン」という日本製のピアノ。
めずらしいので、ご存知の方も少ないのでは?^^

<純粋な中立音>を目指して開発されたそうです。

diapason070706.jpg

たしかに響きすぎず、固すぎず、弾きやすかったです。
店員さんもイチオシでした。

・:*:・°★,。・:*:・°☆

私の演奏はまだまだですが、
嬉しいことに緊張しないで弾けました!

緊張をわきにおいて、
音や曲に集中できるようになってきたのです。

これは大きな進歩でしょう。ウフフ・・・

バッハもモーツァルトもフィールドも、
心から楽しんで弾けました。

それは上手いとか、下手とかゆーよりも、
音楽と親しみ、演奏を楽しんだということなので、
本当に嬉しかったな〜。かわいい

やっぱりピアノは楽しいなあ・・・
ピアノフォルテさん、またお付き合いくださいね〜☆

posted by nyaoko at 23:19 | Comment(10) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

開成館&ハードロックカフェ

小雨の降り続く日曜日・・・
本町の開成館&ハードロックカフェへ行ってきました。

小さい方の部屋でスタインウェイとヤマハのGPです。
大好きなピアノとロックに浸れた幸せな一日!

kaisekan_070624_2.jpg

ホームページ更新を再開したPiemuのえみさんに
モーツアルトのソナタKV545を弾くのを観てもらい、
いろいろコツを教えてもらいましたよ。

☆左手の小指を意識すること。
☆拍の意識が足りないこと。
左手の小指を指揮棒と思って、拍を数えながらで弾いてみること。

☆もっと指を寝かせた方がいいこと。
よくホロヴィッツなどが指を延ばして弾いているようなスタイルです。基礎もアヤシい私には至難の業ですが、えみさんはウソのように指が平らに延びて、深みのある良い音が出ていました。  

kaisekan_070624.jpg

えみさんのサイトは演奏の映像もあり、日記もわかりやすいです!
http://www.kawachi.zaq.ne.jp/eh/
観るだけでモチベーションUPするので、
これからの更新も楽しみ・・・


・:*:・°★,。・:*:・°☆

さて、今日はお留守番していたニャン先生。
丸1日ケージの外に出せるようになりました。

nyantan070624.jpg


なぜかいつもピアノの前で待機するニャン先生。

ピアノのイスの上に寝そべって、
にらみを効かせています。

よりによって、なぜ、そこが定位置なのですか?(T-T)
(一番いい場所だもの♪うにゃにゃ)




posted by nyaoko at 23:24 | Comment(6) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

ピアノのほうは

2人の先生からピアノを習っています。

どちらも2ヶ月に1回程度ですが、
それぞれ善し悪しがあって、視点が違うので、
すこしづつ良いところを吸収したいと思っています。かわいい

先日京都の先生が産休から復帰したので、
予約して発表会に備える予定でしたが、
今は舞台で弾く気持になれなくて、どうしようかと迷い中。

そういう時はノクターンとかブラームスの間奏曲が和みます。って
ピアノフォルテさんがおっしゃられて、
私はモーツアルトのソナタ(ハ長調KV545)弾きたいな〜、と。
(一番有名な「ド〜、ミソ〜、シ〜、ドレド〜」という曲。)
簡単でキレイな曲がいいです。

ニャンタン先生の様子が落ち着かないので、
家でじっくり弾くことが難しくなっているのですが。
(私がちょっとでも動くと、嫌がるんですよね〜。@@)

あ、外での練習会はとっても楽しみにしてますよ☆リゾート

看病のおかげで在宅時間が増えているので、
いずれはもっとピアノの練習が弾けるようになるかも?って、
将来にちょっと期待しつつ、今は楽譜を眺めて楽しんでます。
posted by nyaoko at 13:54 | Comment(6) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

フィールドのノクターン

フィールドのノクターン5番を録画しました。

ショパンに影響を与えたフィールドとは?って
前から興味しんしんで、弾いてみたいと思っていたら、
先生が編纂した楽譜の中にノクターン5番が入っていたので、
先日のレッスンで観ていただくことにしました。

カチンコノクターン5番(ジョン・フィールド)



まだまだですが、
レッスンで観てもらった時は、
もっとボロボロで凹みました・・・もうやだ〜(悲しい顔)

左手の伴奏も、音が出てなかったり、聴こえてなくて、
緊張してるっていうより、パーッと舞い上がってしまう私。

右手の旋律は、
「上からポーンと音を出すように」と言われた。
この曲でポーンと音を出すのは勇気がいるんです。exclamation×2
って先生を見返しましたが
「変に心込めて弾くより、そのほうがピアノがしっかり鳴りますよ。」
「にゃおこさんはザツなくらいでOK。」と言われて、
思い切って弾いてみたら、音が改善されました。ひらめき

右手のメロディーが大きく出る分、
左手の伴奏の音を小さくする気遣いも相対的に減るので、
かえってキレイにきこえる。グッド(上向き矢印)

右手の弱さ・・・
これはレッスンのたびに1回おきぐらいに
注意されてるんですけど、
改善されたと思ったら、またすぐ右手が弱くなって、
いたちごっこです。気をつけよう。ダッシュ(走り出すさま)

この状態でもっと触覚を鍛えたら良いのかな〜と。






posted by nyaoko at 17:08 | Comment(10) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

ロシアン奏法

ついにロシアン奏法のピアノを勉強してきました。
(といってもセミナーですが。)

たまにブログを拝見させていただいているpianoさんが、
ご熱心にセミナーを受講されている記事を読んで、
ご自身もピアノの先生なのに勉強熱心で立派だなぁ〜と思い、
調べたところ、京都ではロシアンセミナーだったのです。
ハラショー。バースデー

続きを読む
posted by nyaoko at 16:59 | Comment(4) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

夜想曲

「装飾音がキレイ〜♪」とえみさんに送っていただいた
ノクターン2番のウィーン原典版の楽譜。

え!こんな装飾音あったの?と意外でしたが、
この装飾音のニュアンスを忠実に再現されてるような
CDを見つけましたヨ。

noctune001.jpg

作曲当時の楽器(フォルテピアノ:ブロードウッド1823モデル)を用いた演奏です。

夜想曲を奏でるのにピッタリの音ですね〜るんるん
装飾音もまろやかな温かみのあるフォルテピアノの音だから、
イヤミなくコロコロ響きます。
続きを読む
posted by nyaoko at 15:51 | Comment(8) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

帰省の旅

にゃおこさん、G.W.前でお仕事が忙しくて、
ピアノ弾いてないみたいだから、
ボクが練習しよ〜っと。るんるん

nyantan0430.jpg

こんな感じかな〜、「黒鍵のエチュード」は。
思ったより難しいネ!ダッシュ(走り出すさま)

にゃお子さん、まだ譜読みしてるみたいけど、大丈夫〜?

nyantan0431.jpg

はぁ〜、ムズカシイ。
あ、もう、そろそろ出かける準備exclamation&question

明日から、にゃお子さんと一緒に1週間ほど帰省してきま〜す。

ボクが新幹線に乗るのは3年ぶりだよ。新幹線
音がゴーゴーうるさいから、コワいんだよね。
はぁー、ユーウツだな〜。

でもにゃお子さんと一緒の旅だからいっか。
田舎のさわやかな空気を吸って、
元気いっぱいに実家を探検してくるね〜。家

みんなも楽しいGWを過ごしてね〜るんるん

posted by nyaoko at 22:16 | Comment(2) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

JEUGIAでお買い物♪

きのうは大丸へ行った帰りに、
四条西洞院から移転したJEUGIAへ寄りました。

にゃお子さんのお買い上げは・・・
バッハ(インベンションとシンフォニア)ヘンレ版の楽譜☆

invention_henle.jpg

これからもインベンションは本気で練習します。
やっぱりバッハ先生はすごいです。

先生もヘンレ版がおススメということなので、
2度目のリベンジはこの版でやっていきますよ〜。パンチ


・:*:・°★,。・:*:・°☆

お次はショパンのDVDです♪
続きを読む
posted by nyaoko at 13:49 | Comment(12) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

大エルミタージュ展

京都の市立美術館へ。
大エルミタージュ展へ行ってきました。
前世はロマノフ家☆という妄想を膨らましている私にとって、
たまらない作品展示です。

にもかかわらず今回もショパンネタです。グッド(上向き矢印)
(もちろんショパン宗教?の熱心な信者でもすの。)

hermitage_01.jpg


さて、ショパンフリークの皆様にお伝えしたい目玉作品は、
アンリ・ルソー 「リュクサンブール公園、ショパン記念碑」

最後の展示室の出口付近の中央にある絵は、
しかし、あまりに予想外でした。

hermitage_02.jpg

真ん中がショパンの像です。

優雅なロココ調をイメージしてた私にとっては、
ショパン様のイメージとちょっと違うみたい。失恋

南国風の木立のなかにある像は、
ショパンというよりも、タイトルを知らなければ
「カメハメハ大王」にも見えます。

大作をたくさん観た後でお腹いっぱい気味だったので、
作品の良さが理解できなかったのでしょうか。。


・:*:・°★,。・:*:・°☆


しかしピカソも影響を受けたといわれる天才ルソーの描いた
ショパン像の意図を理解できないのも悔しいので、
ポストカードを購入して、しばらく家に飾って眺めていたら、
だんだんこの絵が好きになってきました。グッド(上向き矢印)


ショパンの像の下ですれ違う、それとも出会う?
白のパナマ帽を被った男性と、赤いスカートの日傘を持つ女性。
清潔に手入れされた木立、風通しが気持ち良く感じられる、
盛夏のイメージもどことなく優雅です。


ルソーの絵は空想画だそうですが、
実際パリのリュクサンブール公園にはたくさんの像があり、
ジョルジュ・サンドの像もあるそうです。
(不思議な美しさが漂っています。)

ショパンの像は一度盗難され、新しいものになったとか。
やはり人気が高いのでしょうか・・・。
続きを読む
posted by nyaoko at 23:45 | Comment(14) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

ショパンのピアノ

こんばんは、にゃおこです。

ショパンのピアノ、英国で150年ぶりに発見
という記事を読んでワクワクしています。
(21日発ロイターなので今更ですが・・・)

ショパンの現存するピアノは3台で、
(パリとマジョルカ島とワルシャワ)にあるそうだから、
今回の発見で4台目になるのかな・・・かわいい

パリとマジョルカのは動かないけど、
こちらは極めて美しい音が出るそうです。
ショパンが最後の演奏会で使用したグランドピアノだそう。


そこで、ショパン最後の演奏会について、
ちょっと調べてみました。


続きを読む
posted by nyaoko at 02:20 | Comment(12) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

練習プログラム

最近ずっとアタマの中でバラ3が流れています。

CDを聴きながら、楽譜を見ていると、
ますます弾きたくなってきます。カラオケ

う、浮気は禁物よ。

エチュード弾きたいし、
インベンションもきちんとやりたい。
発表会の曲決めなあかんし、まず技術的に無理だ〜。

ということで、
今日はレッスンでしたが、練習プログラムを・・・
続きを読む
posted by nyaoko at 21:26 | Comment(7) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。