2007年03月05日

練習会デビュー

練習会へ行ってきました♪
ベーゼンのショールーム(新大阪)へ。

piano0303.jpg

いやぁー、いいピアノだったなぁ。

kaorusan.jpg

かおるさんはベートーベンのレパートリーを中心に。
ワルトシュタインと悲愴ソナタ。

ベートーベンがお似合い&お上手なレディって、
尊敬しちゃいます。かっこいいです〜るんるん

fortesan.jpg

ピアノフォルテさんはショパンのレパートリーで。
季節感や旅の情景を大事にされてるのだなぁ、とウットリ。

一体どんな仕上がりになるのかしら・・・
完全系のバラ4が聞けるのが早くも楽しみです。揺れるハート


お二人ともお上手だったなぁー。


・:*:・°★,。・:*:・°☆

そして私は惨いスケ2と別れの曲を披露。
ダンパー踏む足も震える始末でした。ナサケナイ。><

でも初めての練習会デビューですもの。グッド(上向き矢印)
叶っただけでもスバラシイじゃないですか。
(と自分で自分を褒めてあげます。*^^*)






posted by nyaoko at 21:51 | Comment(10) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

練習会に向けて

ぼちぼち特訓を開始しなければなりません。

というのも、いよいよ週末に
スケ2の練習会があります。きゃー。かわいい

私のスケ2もいよいよお披露目・・・

スケ2娘。の大先輩に披露するには、
あまりに生ぬ〜るい演奏で恥ずかしいのですが、
せめて第一主題は暗譜しようと思います。

それから「別れの曲」も弾けたらいいな〜。
問題は中間部の難所。バッド(下向き矢印)

ETUDE10_3_NOTE.jpg

ここがドタバタしてはクライマックスが台無しです。

posted by nyaoko at 00:38 | Comment(4) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

別れの曲(前半)

ちゃんとエチュードも練習してますよ、
とゆーことで経過をUPします。

別れの曲(前半)



ふむ。ふむ。m(u_u)m

美しくて倒れそうなこの歌、
それが音にならないモドカシさよ〜。(;;
この曲は知ってる人が多いから、
ちょっと弾けないと違和感あるでしょう。
だからキチンと弾きたいですけど、
抑える音が多くて難しいです。

でも、前回のレッスンよりは、
音の配分も良くなったかな。

呼吸の糸口もすこし掴めてきたし♪



posted by nyaoko at 00:45 | Comment(6) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

発表会のお知らせ

京都におけるピアノ発表会が8月に行われます。
にゃおこさんの<初公開演奏>デビューです。

8月京都にて。
曲目は未定。

昨日のレッスンで決まりました。いい気分(温泉)

「にゃおこさん、一番の生徒さんだから出てね☆」
と言われちゃいました。私人前あかんのに。
ああ、どうしよう。ドキドキ・・・
posted by nyaoko at 13:12 | Comment(6) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

スケ2の敗因

スケ2の敗因をば。

技術的な勉強不足はもちろんとして、

「激しい曲が苦手!」

なのです。

(と、決めつけるのは如何なものでしょう。)

でも激しい曲って、
練習するのが苦しくなるのよね〜。
体力いるし〜。 ( -ω-)



続きを読む
posted by nyaoko at 16:36 | Comment(2) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

和音の転回

こんにちは、にゃおこ先生です。=・∇・=

脱力タッチの和音を身につけるための、
簡単な練習方法を紹介します。

バッド(下向き矢印)30秒のMOVIEにまとめてみました。



練習のポイントは・・・


続きを読む
posted by nyaoko at 17:21 | Comment(4) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

スケ2娘。補欠。

今さらですがスケ2娘。入隊を希望します!
(補欠ってありますか?ふらふら

スケ2には本当に泣かされました。

どんなに練習しても、
鍵盤が手の下に収まってくれず・・・。

それにもかかわらず、私を成長させてくれた大切な曲です。

続きを読む
posted by nyaoko at 21:53 | Comment(6) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

朝日ってなに?

毎日の練習12ヶ月
・美しいひびきのために
脱力のタッチのために

を毎日やってみることにします。

とはりきっていた私ですが、
毎日はやっぱり無理デス!

第一、起きれません。あせあせ(飛び散る汗)

10時に起きたら、朝練できるはずなのに、
今日も13時まで眠り猫でした。。

けど、これは1日15分でも効果アリ!です。
今月は「和音の伴奏」と「レファミソの音形」です。

プログラムをあとで動画でUPしようと思ってます。
テロップ入りでね。

posted by nyaoko at 15:45 | Comment(2) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

ノクターン20番〜遺作

ピアノで語る女にゃおこです。

風邪ひいてネコんでおりますが、
とりあえず年末から練習している成果を
このへんでUPします。



ノクターン遺作の20番です。
ショパンの19歳のときの作品ですよ。なんと早熟な・・・

最近、基礎練に比重をおくようになって、
すこしは演奏がマシにはなっていませんか?しめしめ・・・
ってまだ基礎練はじめて1週間ぐらいだもの。調子のりすぎ。笑 
でも鍵盤へのグリップ力がアップしたみたいで嬉しい。

とはいえ、冷静に録音見ると、、、、やっぱりアカンわ。
別れの曲もそうだけど、どの旋律を引き立てるかも、
全然意識が足りないではありませぬか。
最後のファもいらんっちゅーねん。^^;

きちんと洗練させて、レパートリーにせねば。



posted by nyaoko at 21:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

指よ強くなれ!朝練&夜練計画

やっぱり指の力が弱すぎて、
ピアノの音がふにゃふにゃして気持ち悪いのと

猫パンチにもパワーが入らないし猫・・・ってことで、

毎日の練習12ヶ月
美しいひびきのために
脱力のタッチのために

を毎日やってみることにします。

毎日30分練習したら飛躍的に上達するそうで、
ちょうど1月だし、12ヶ月で終わるプログラムなので、
コツコツやるのが好きなコツコツマニアの私には調度良いかも?

簡単だけど見た目以上に効果的があって、
プロの人も使ってるそうです。

曲なんて弾いてる場合じゃ有りません。←本末転倒
来年の今ごろには飛躍的に上達・・・でございますから。



posted by nyaoko at 17:25 | Comment(8) | TrackBack(0) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

バッハ平均律とインベンションのエディション選び方

先日はピアノレッスンへ行ってまいりました。

インベンションは楽譜の表記に惑わされて、
スラーで弾く部分とノンレガートが逆になってしまい、
めちゃくちゃな印象に。
せっかくの名曲なのに、、、13番。

やっぱりツェルニー版、あかんわ。
買い替えよ・・・
楽譜ってエディションによって、表記が違うから恐しい。

インベンションと平均律、
何版がいいですか?とお尋ねしたところ、
(平均律を弾きたい希望をやんわり漂わせつつ・・・)
「エキエル版」とのこと。

先生はバッハで生徒にエキエル版出されたら、
「おヌシ、出来るな。」と思うそうな。▼▼メ

表記は何も描いてないだけに、
古典にありがちな自己流の解釈がなく、
バッハの原点に近いというようなことを仰ってました。

解釈が分からなかったら、
内緒こっそりムゲリー二(ムジェリー二)版もチェックしてね。
とのこと。

ツェルニー版は悪評高いですが、
ツェルニーの時代ではこの紛らわしいスラーの表記も、
また真なりで、スラーを勝手にレガートしてしまうから、
(あの時代はノンレガート奏法があたりまえ)
単に私の解釈がいけないらしい。

ちなみに先生はフィッシャー版がお好きとのこと。
私もフィッシャー好きです!とは未熟者の分際で言えませんでしたが。

ーーーーーーー

とにかく指が弱くてフニャフニャを実感したので、
やっぱり基礎練に気合いが必要と思いました。

先生の本「毎日の練習12ヶ月」はいいですよ〜
posted by nyaoko at 17:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

来年の目標

師走の忙しさでピアノの練習ができず、
寂しい日々を送っています。

たまに弾ける時間ができると、
久しぶりの恋人との再会のように、
嬉しくて、夢見心地。(≧≦)

私のような下手っぴでも、
こんなに幸せな気分になれる曲を作ってくれた
ショパンやバッハに本当に感謝です。

さて、来年の目標ですが・・・

1.バッハのシンフォニア
平均律へ向けて修行あるのみ。

2.ショパンのエチュード
10番から3曲ぐらい。

3.古典のソナタのうちどれか1曲
モーツアルトかベートーベンに挑戦。
おすすめの曲があったら教えてください!

です。

あとはぼちぼちノクターンなど・・・
お家芸にすべく、美しい旋律に涙に暮れながら
練習してゆきましょう。

それから、人前で弾く機会も増やしたいな〜




posted by nyaoko at 21:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

浜松国際ピアノコンクール

今日、明日といよいよ本選です。

仕事中も夢中でライブ配信を観てましたが、
2次、3次と見ていくうちにオーバーヒートしてたのに、
自宅のマックにWMがインストールできず、
肝心の本選が見れなかったんですが。(涙

今日のゴルラッチ君はベートーベンのソナタ、
良い演奏をしたようですね〜。よしよし〜。^^

1次予選の課題、バッハの平均律は面白かった。
バッハってその人の実力がダイレクトに出てしまいますね。
個性とか、自分の持ち味がなくなるぐらい弾いて、弾いて、弾き込んで、我がなくなったところで、やっと本当の自分の音が出てくるって感じでしょうか。

平均律は私もいつか弾きたいけど、インベンションも最低でも2回は弾いておきたいしなぁー、何年先になるかしら?遠い目。(・・)
はともかく、コンクール、いろんな曲が聴けて楽しかったです。

明日は15時〜コチラで。
http://www.hipic.jp/video_streaming.html


大穴?クズネツォフさんが楽しみ☆
そして日本の北村君を応援しようと思います。

posted by nyaoko at 02:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

インベンション10番

今日はゆっくりピアノの練習できそうです。

インベンション10番をアップ。
トリルに翻弄されて、リズムとるのが難しいです。



バッハは最近お気に入りでパルティータも練習しています。
冬は純粋な音楽がすうっと心に馴染みますね。ふう。

ショパンエチュードは10-3(別れの曲)の中間部が難しく、
増4度の半音階と6度の和音で難航中。
でも美しくてねぇ、弾いているとドキドキします。


年内には何とかなるといいな〜・・・
とゆーことで、私のクリスマスプレゼントは、

☆パルティータ1番(バッハ)
☆エチュード10-3(ショパン)

です。


あ、クリスマスプレゼントはもう1つ。(・∀・)

ノクターンの遺作(20番)がレッスンの課題になった。
先生に「あなたこの曲タイプね☆」と言ってもらえました。

なんていっても夜想曲ですからね。フフフ。
posted by nyaoko at 15:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

感情と筋肉

アレキサンダーテクニックの教室へ行きました。

日頃のレッスンの緊張とか、のどに痛みが出やすいなど、
村や筋肉の緊張に原因がありそうなコトは気づいてましたが、
やはり手から喉、鎖骨にかけての流れが悪いようです・・・

直接ピアノは教えてくださらないのですが、
立つ・座るなどの日常動作や、ピアノのフォームを中心に、
無駄な動きや、力みがとれるよう指導してもらえます。

これがけっこう奥が深いのです。(^-^)

先生に姿勢の流れを正してもらい、
自分の本当の声を聞いて、私の声って、こんなに静かなのか〜と思いました。

先生はイギリス人なので、あまり日本語は通じませんが、
尚さらストレートにボディを通してマインドが伝わってくるのかも☆

「身体の中の調和に気付けないと、
 音楽もうるさいものになってしまうよ。」

と言われているように思いました。

考え方や状況に応じて感情は分析しても、
これまで筋肉の反応を分析することはなかったので新鮮!

ピアノに活かせるには、まだまだ先にしても、
筋肉は感情より正直で信頼できるかも!という意外な発見もあり、
感情と筋肉の関連付けが楽しくなりそうです。



posted by nyaoko at 14:32 | Comment(1) | TrackBack(0) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

アンサンブル

数年前にジュピターフルートを入手して、
いつか吹きたいなぁ・・・と思いつつ置いていたのを、
最近、事務所で仕事の合間に練習するようになりました。

フルートはピアノ演奏とは直接関係ないけど、
旋律の歌わせ方や、音楽と呼吸の一致、など
ピアノとの相乗効果もあるのではないかと思います。

今は吹いてもカスカスの音しか出せませんが、
ピアノとの初アンサンブルに挑戦しようということで、
はりきって楽譜を買いに行きました。
「フルートとピアノのためのサロン音楽2」を購入。

ピアノを演奏していただくのは、
私にピアノ再会のきっかけを与えて下さったえみさん。
大好きな演奏なので、合わせるのが楽しみ!
曲はサンサーンスの白鳥か、タイスの瞑想か・・・

憧れのアンサンブルが実現できて、
ピアノも教えてもらおうという美味しい企画です。^^
うまく演奏できたら、ここにもUPする予定で!

なんて言うからには、、、
ほんとうに上手くならねばなりません。^^;
がんばらねば。



posted by nyaoko at 14:11 | Comment(4) | TrackBack(0) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

10-1(とりあえず暗譜)

ショパンのエチュード10-1暗譜した。
冒頭部分のみアップ。



間違いはご愛嬌ですが、右手は重いし。左は掴めてない。
どうしたらいいのん。;;

ショパン先生のお言葉
「んー ムッシュー、10−1はとてーも難しいですけーど、朝一番にとてーもゆっくーり 弾くと、たいへん良い練習になるよーに作りマスタです。」
「指だけで弾こうとすると、とても弾けませんですかーら、手首を柔らかく柔らかくお使いナサイ、ムッシュー んー、トレ・ビアン!!」
(内容は実話 >掲示板より引用)

・・・たしかに指だけで弾いたら痛くなりマスタです。
ガンガン練習はとて〜も難しいので、
ショパンの言う通り、手首柔らかくゆっくーり 弾いてきます。

譜読は10−3<別れの曲>に進みます。
こちらはポリフォニックを大事に、声部ごとに仕上げてく気合いの入れぶり。

posted by nyaoko at 01:20 | Comment(8) | TrackBack(0) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

振動と共振

音の響きを聴くということについて。

固有の振動数を持つ1つ1つの音が、
共振するタイミングで打鍵すると響きが豊かになる。
真の共鳴が音楽になる。
これって物理的に美しいんだと思います。

ピアノではどうやって共振させるかというと、
打鍵後の持続音の振動をとらえて、
新しい音を打鍵するタイミングに合わせる感じ。

前はハーモニーとか苦手で、
拍(リズム)で合わせるのかと思ってたけど、
倍音の振動を拾った方が音楽的にも説得力がある!
o.コンマ1秒の違いなので、
共振を優先してリズムが崩れるってこともない。

旋律のレガートも、伴奏も、終止形も、
共振を得てこそ、説得力が増すのですね!!!

ということに今さら気づきました・・・



posted by nyaoko at 00:36 | Comment(4) | TrackBack(0) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

旋律は旋回しようとしている

公開レッスン。
素晴らしくてアタマが真っ白になった。

「音色の付け方」
視点を変えることで、音色を変えること。

西洋絵画の遠近法をヒントに、
音の大、小ではなく、
広がりや、奥行きの表現を教えてくれた。

やっぱり音も旋回したがる本能がある!
デザインで線を制したいと思って、追求しているのと本質的に同じく、
曲線(旋律)は旋回しようとしている・・・の法則にあてはまる。

そのあとのプライベートレッスンの成果もあって、
私の脳は才覚した!!!

今まで使ってない回路に血流流れ込んだ感じ★

あまりテクニックで器用に弾けなくても、
心の響きを大切にしようと思った。
集中が大事!!その、いかに途切れやすいことか。

次回11月のセミナーもさっそく予約した。
課題曲はシベリウスのワルツ。やってみます。
posted by nyaoko at 16:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

うたう指づくり

明後日、JEUGIAの公開レッスンへ行ってきます。

うたう指づくり脱力のタッチを徹底的に

その後、プライベートレッスンも受けることにした。
指とかよーーく見てもらおう。

どんなレッスンか、とっても楽しみ!

最近レッスン受けたり、
ブログしたり、エチュードへの野望ができて、
ピアノがますます面白くなってきた。

はりきってます。ふんがー。( ̄^ ̄)







posted by nyaoko at 14:29 | Comment(4) | TrackBack(0) | Piano + Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。